家などの解体⼯事なら「みんなの解体⼯事屋さん」にお任せください。⼤阪・堺・兵庫・神⼾・⻄宮など⼤阪・兵庫エリアで幅広く対応いたします。

運営会社:株式会社クリーンアイランド

お気軽にご連絡ください!

06-6531-9200

【営業時間】8:00〜18:00 (日曜除く)

見積り依頼もOK!

24時間受付中

見積り依頼もOK!無料相談フォーム

解体工事の安全対策

建物の解体工事は、常に危険と隣り合わせの作業です。近年、痛ましい事故が多数起きています。もし自分がお願いした解体工事で近隣の住民に被害が発生してしまった場合、今まで仲良く過ごしてきた近隣の住民との仲が悪くなったり、損害賠償が発生したりなど、関係が崩れる可能性もありますよね。。

 

近隣の住民に被害が出ないように解体工事を安心して依頼するために、解体工事でのしっかりした安全対策と作業員の教育が行き届いた解体業者を選ぶことが大切です。

今回は、解体工事でどのような事故が発生しているのか・事故を未然に防止する為に、具体的にどのような安全対策を行なっている業者を選べば良いのかについてご紹介します。

 

解体工事の事故

 

建設業における労働災害はとても多く、解体工事でも様々な事故が発生しています。建設業労働災害防止協会の調査では、解体工事業による労働災害には平成 10 年から 12 年の間で死亡者は 77 名にも及んでいたことが分かっています。

 

解体工事に限らずどんな工事も常に危険と隣り合わせですが、実際に発生するまでは、どんな人でも自分には関係ないことに思ってしまうものです。

 

もちろんご自身が工事を行うわけではありませんが、解体工事における事故を未然に防ぐために、実際に発生した過去の事故から注意点を学び、今後事故を発生させるような業者に解体工事をお願いしないよう、工事について知識をつけておくことが重要です。

 

壁や建物の崩壊による住宅の破損

工事を行う建物や立地にもよりますが、解体工事は騒音や落下物防止などを考慮して建物の内側から取り壊しを始め、その後に外壁を壊すという流れが一般的です。

 

しかし、安全に配慮されていたはずの外壁が崩壊し、周りの建物に被害を及ぼす事故が近年でも発生しています。建物や壁の崩壊は周りの住居の破損だけではなく、住民にまで被害が及んでしまうケースもあるのです。

 

車輌や重機との衝突・横転

建物の解体は、ショベルカーやダンプカーなどの重機を使用します。近年の解体工事では、大型の車輌やや強力な重機が使用されるようになったため、昔の解体工事より、一層高い技術が作業員に求められています。

 

そんな車輌や重機を家が密接している場所で使用するため、工事中はとても多くの危険が伴います。実際に重機が転落、転倒し、作業員や通行者に被害が発生する事故も起きています。

 

また公道で解体工事に使用する重機や車との衝突事故も発生しています。解体工事中には監視員を配置して作業しますが、人身削減などの理由で本来必要であるずの作業員を配置しなかったことが原因で、事故を発生してしまったというケースもあります。

 

足場からの転落事故

高所で作業を行う解体工事は、転落の危険もあります。解体工事の現場で足場が崩れル事が原因で作業員が転落してしまう事故が発生しています。

 

高所の足場からの転落事故の原因の一つは、工事を行う作業員の過労や高所の足場の強度不足だと言われています。

 

国で定められている安全対策

痛ましい事故を発生させないために、工事現場において安全面に関する決まりが存在します。解体工事における安全対策として、国からどのような法律やガイドラインが出されているかについてご説明致します。

 

労働安全衛生法と労働安全衛生規則

解体工事に限らず工事現場では、国や行政から法律や省令で安全面の対応を義務付けられています。工事に関する法律・省令として「労働安全衛生法」と「労働安全衛生規則」が存在します。

 

労働安全衛生法とは、労働災害を防ぐために労働者の安全と健康を守り、快適な職場環境を作ること目的とした法律です。労働災害の防止・労働者の危険を防止する為の措置・機械や危険物に関する決まりなどについて定めています。

 

労働安全衛生規則とは、労働安全衛生法に基いて、労働の安全・衛生について決められた規則です。解体工事が特に関係する規定としては、アスベストの飛散防止の強化や、解体工事で使用する機械が規制の対象になるなどの改正がありました。

 

解体工事の現場で前述のような法律や省令を守ることが未然の事故防止につながります。

 

国土交通省のガイドライン

国土交通省からは、事故防止のための安全対策として「建築物の解体工事における外壁の崩落等による公衆災害防止対策に関するガイドラインについて」を発表しています。

 

このガイドラインは、静岡県富士市で実際に発生した解体工事の重大な事故を受け、建設業者に向けた解体工事における災害防止対策に関して記載されています。解体工事を行う上で法令を守る以外に、以下の点において確認しておくよう呼び掛けされています。

 

・解体予定の建物の事前調査を行い、事故防止に配慮した工事の施行計画を作成すること。
・解体工事の途中で、想定外の構造・設備上の問題が発生した場合は、工事を中断し計画の修正を検討すること。
・公衆災害を防止するため、建築物外周が張り出している建築物・カーテンウォール等の外壁工事は、工事の実施や工法の選択に安全性を保つよう配慮する。
・増改築部分や異なる構造の接合部の解体工事については、特に強度に配慮して計画の作成と実施を行う。
・大規模な建築物の解体工事は、事故が発生した場合の被害の大きさや過失責任を十分認識し、解体工事計画と実施を行うこと。
・建築物の設計図は、解体工事の際安全性の検討に重要であるため、保存・継承に努めること。

 

信頼できる解体業者の見分け方

解体工事での事故を発生させないために、しっかりとした安全対策を行っている解体業者を選ぶことがとても重要です。

 

解体工事を初めて依頼する方は多いため、安全対策を行なっている業者を見極める事は難しいですよね。ここでは、どのような安全対策を行っている解体業者を選べば良いかについてご説明します。

 

事前の現地調査

解体業者を決定する前には業者がご自宅に現地調査と見積もりに来ます。安全対策を正しく行っている解体業者は、現地調査の際、立地や建物の詳しい情報を確認した後、明確な解体工事の手順について説明を行います。

 

ここでは現地調査の際、具体的にどのような確認を行なってくれる解体業者を選べば良いかについてご説明します。

 

境界線の確認

建物によっては、敷地の境界にブロック塀があり、敷地を区切っている場合があります。このブロック塀は施工主だけでなく、隣家の方との共有物である可能性があり、もしブロック塀を何の確認も無しに壊した場合、隣家とのトラブルが発生してしまう可能性があるため、ブロック塀の所有者が誰なのか事前の確認が必要になります。

 

また、隣家との距離が広い場合は重機を使用しても問題はありませんが、距離が近い場合、重機を使用すると、壁を傷をつけたり事故が発生する可能性も考えられます。事前調査で隣家までの距離を確認しておく事で、安全に解体工事を行う為の工事計画を立てることが出来ます。

 

地中物の確認

安全な解体工事を行う為に、建物の図面があるか確認します。図面を見ると、地中に何が埋まっているのかや配水の有無がすぐに分かります。図面で建築物の構造だけではなく、地中にあるものを工事前に確認しておくことで、より安全な工事計画を立てることができます。

 

工事内容の確認

建物の構造だけではなく、建物以外の工事内容の確認も必要です。庭に大きな木がある場合、確認せず切り倒してしまうと元通り戻す事はできません。また大きな木は隣家の敷地まで根が張っているケースがあります。

 

適切な処理を行わないと根腐れし、地盤が沈下する可能性もあるため、建物以外の障害物をどのように処理するか事前確認がとても重要です。

 

また、建物内の処分品に関しても、施工主に何の確認も無しに業者が処分し、後から高額な処分費用を請求したり不法投棄をする悪徳業者も存在します。室内の処分品を解体業者か施工主のどちらが処分するのか事前に話し合いをしておく事が大切です。

 

足場の正しい設置

解体工事は高所の足場での作業を行うため、安全に作業を行う事ができる仮設設備の足場を作ります。高所の足場からの転落事故や工具や機材の落下を防ぐために、しっかりした足場の設置を行う解体業者を選ぶことが重要です。

 

養生シートの見極め方

足場を設置する際には、養生と呼ばれるシートで建物を囲います。養生は防音やほこりを防ぐ以外に、コンクリートの建物や海辺などの建物など、建物の素材や立地によって耐火機能があるものを選ぶなど、解体工事を近隣の住民に迷惑をかけない工事を行う上で大変重要な役割を果たします。

破れた養生シートを使用した場合、資材や機材が引っ掛かり大事故に繋がる可能性があります。解体業者を選ぶ際には、手入れが行き届いた養生シートを使う解体業者を選ぶようにしましょう。

 

解体工事の賠償保険

発生してはならないことですが、もしも事故が発生してしまった場合に備えて賠償保険に加入しておくことは大変重要です。しかし、残念ながら解体業者によっては加入していないことも多いのが現状です。

 

一般的に、何か事故が発生した場合の責任は解体業者がとりますが、依頼主であるご自身に責任が問われる例外的なケースも存在したり、解体工事は一般の工事に比べて事故の発生件数が多いことから、建築関係の保険に加入していたとしてもても、解体工事における事故は補償から除外させれることがあります。、そのため解体業者を選ぶ際は保険に加入している確認だけでなく、第三者へ賠償責任が発生した時、補償がきちんと受けられる保険か聞いておくことが大変重要です。

 

また、ほこりや振動・騒音に関する損害賠償は補償されない保険が多いため、保険に加入しているからといって安心せず、ご近所からの騒音等に関するクレームによる問題が発生しないよう、ご近所への事前の挨拶や工事中のしっかりした対応を行う解体業者を選びましょう。

 

まとめ

解体工事だけに限らず、どんな工事も常に危険と隣り合わせです。悲惨な事故を起こさないために、解体工事において具体的にどんな安全対策を行うことが必要かを知った上で、安心して工事を任せる事ができる解体業者を選びましょう。

先ほどにもご説明しましたが、正しい安全対策を行っている解体業者を見分けるポイントとして

 

・事前調査をしっかり行う
・手入れされた養生を使用している
・保険に加入している業者かチェックする

 

また、事故を起こさせない・何かあった場合トラブルにならないように、解体業者に無理な期間での工事や破格の値引き交渉は行わないようにしましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 株式会社クリーンアイランド
 Email: support@minna-kaitai.com
 【みんなの解体工事屋さん】公式ホームページ: http://minna-kaitai.com

 ■大阪エリア
 〒550-0013 大阪市西区新町2丁目19-20 大阪屋西長堀ビル4F
 TEL: 06-6531-9200【営業時間】8:00~18:00 (日曜除く)

 ■兵庫エリア

 〒656-0341 兵庫県南あわじ市津井824−1
 TEL: 0799-36-0095【営業時間】8:00~18:00 (日曜除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタッフ紹介

よくある質問

  • 解体工事の見積もりが欲しい...
  • 解体工事の依頼方法が分からない...
  • 安心できる解体工事業者を探している...など

お気軽にお問い合わせください!

06-6531-9200

大阪・兵庫エリア対応

【営業時間】8:00〜18:00(日曜除く)

  • 解体メニュー
  • 解体事例

新着情報新着情報一覧

対応可能エリア(大阪府全域・兵庫県全域)

大阪府全域

⼤阪市(⻄区・浪速区・⻄成区・港区・此花区・⻄淀川区・東淀川区・東成区・天王寺区・
住吉区・⼤正区・旭区・福島区・都島区・城東区・生野区 阿倍野区・東住吉区・淀川区・
鶴見区・平野区・住之江区・中央区・ 北区) 堺市( 中区・東区・⻄区・南区・北区・美原区)
豊中市、高槻市、枚方市、東⼤阪市、吹田市、茨木市、岸和田市、寝屋川市、八尾市、
池田市、箕面市、豊能郡、能勢町、豊能町、摂津市、三島郡、島本町、泉⼤津市、和泉市、
高石市、泉北郡、忠岡町、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、泉南郡、熊取町、田尻町、
岬町、守口市、⼤東市、門真市、四條畷市、交野市、柏原市、富田林市、河内⻑野市、
松原市、羽曳野市、藤井寺市、⼤阪狭山市、南河内郡、太子町、河南町、千早赤阪村

兵庫県全域

相生市、明石市、赤穂郡上郡町、赤穂市、朝来市、芦屋市、尼崎市、淡路市、伊丹市、
揖保郡太子町、小野市、加古川市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加⻄市、加東市、
川⻄市、川辺郡猪名川町、神崎郡市川町、神崎郡神河町、神崎郡福崎町、篠山市、
佐用郡佐用町、三田市、宍粟市、洲本市、多可郡多可町、高砂市、宝塚市、たつの市、
丹波市、豊岡市、⻄宮市、⻄脇市、姫路市、美方郡香美町、美方郡新温泉、三木市、
南あわじ市、養父市

お気軽にご連絡ください!

06-6531-9200

【営業時間】8:00〜18:00 (日曜除く)

年中無休 (土日祝も対応可能)

見積り依頼もOK!

解体工事とは

解体工事とは、建造物の取り壊し工事のことを言います。 解体工事が必要な場面とは、建造物の建て替えや新築工事、既存の建物を取り壊し撤去する、場面が挙げられます。 日本では、古くから木造建築構造が主流だったので、木造家屋の住宅が日本の住宅構造の中で一番多いと言われております。 その木造家屋は、改築、移築だけではなく、大規模な修繕のために解体工事が行われる。 木造家屋における、解体の流れとしては、まず建具を外し、屋根瓦を降ろし、壁土を落とし、木舞や貫を撤去して、小屋組み、柱、梁、軸組を分解するという作業になる。 木造家屋の場合は、建物自体が木材でできているため、比較的解体は容易なのですが、石造やレンガ、鉄筋コンクリート構造などの近代建造物が増えたこともあり、そういった頑丈な建造物の解体が難航していたのですが、昨今の解体機器の発展により、そういった建造物においても、従来の解体方法より改善されている。

解体工事の業界

解体工事の業界は非常に幅が広く、まだまだ不透明な業界であります。 今までは、大手ゼネコンからの下請けという形で仕事をしていた業者が大半だったが、昨今のインターネットやスマートフォンの普及により一般顧客が直接業者に発注することも増えてきている。 そんな中、一般顧客は解体工事に関する知識レベルは非常に低い。そこを突いて見積り金額の水増しを行い、通常の相場よりはるかに高い金額を請求する業者が後を絶たない。 それはこの業界の昔から続く、悪しき習慣が原因です。 見積り金額も有って無いような物で、適当にだいたいで計算し、だいたいの金額を請求している。それが通用する業界だったのです。 ただ、そのようなことが通用する時代は過ぎ去ろうとしています。スマートフォンの普及により、一般顧客は解体工事業者と匹敵するぐらいの情報をスマートフォンから入手することができる時代なのです。となると今までのような適当な見積りをしていると、一般顧客が業者を選ぶことができるので、どんどん仕事がなくなってくると思われます。 また、適当に解体工事を行っていた業者もどんどん淘汰されてきます。口コミサイトなどに悪評が投稿されてしまうとそれは拡散され、それがきっかけで仕事がなくなり、倒産の可能性まで発生します。 解体工事をきちんとしたプロセスで行わないと、手順を誤り、予め想定していた構造体の壊れ方とは大きく異なり、隣接建物に大きな被害を及ぼしたり、最悪の場合、死傷者を出すこともある。 そんな危険な業界だからこそ多くの経験をしている、かつ、適正な解体プロセスを行っている業者が優位に立つ時代になってきている。

解体工事なら「みんなの解体工事屋さん」にお任せください。

解体工事の業界は、スマートフォンの普及により大きな変化が生じています。 今まではゼネコンからの下請けが主な受注の仕組みだったのが、一般顧客がスマートフォンからの問い合わせをする時代になっている。それはホームページを所有している解体工事業者に限ることではありますが、一般顧客の情報に敏感になっているので、適当なことは一切できなくなりました。そんな業界で、私たち「みんなの解体工事屋さん」はおかげさまで創業10年以上が経ち、累計お問い合わせ件数1万件、累計解体件数2000件を突破しました。この数字は私たちが強く思っている「この業界を変える」という想いが少しずつ実現していることを体現していると考えております。「みんなの解体工事屋さん」はこれからもお客様のために徹底したサービス精神と解体品質の向上に努めて参りたいと思っておりますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。

大阪・堺・兵庫・神⼾など大阪・兵庫エリアで幅広く対応いたします。

私たち「みんなの解体工事屋さん」は、主に大阪府内、兵庫県内の住宅、木造家屋、空き家、マンション、ビル、商業施設、などの建造物の解体工事を承っております。その中でも大阪市内、堺市内、神戸市内、西宮市内、姫路市内、など各エリアに対応しております。京都府内、奈良県内などの関西エリアでもご相談して頂ければご対応することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。