新着情報NEWS

2024年1月27日更新 スタッフブログ

解体工事とは?解体工事の目的と必要性【大阪の解体工事ブログ】

解体工事とは?解体工事の目的と必要性【大阪の解体工事ブログ】

大阪府堺市南区にお住まいの皆様こんにちは!

大阪の解体工事『大阪クリーン解体』のブログ更新担当です!

大阪の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【解体工事とは?解体工事の目的と必要性】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

  • 【大阪 解体工事】解体工事の概要
  • 【大阪 解体工事】建物解体工事
  • 【大阪 解体工事】解体工事の目的と必要性
  • 【大阪 解体工事】解体工事のプロセス
  • 【大阪 解体工事】解体工事の方法
  • 【大阪 解体工事】解体工事のリスクと安全対策
  • 【大阪 解体工事】まとめ

解体工事とは、建物や構造物を取り壊す工事のことです。古くなった建物の改修や再開発、災害復旧などの理由で行われることが一般的です。
解体工事は、専門の解体業者によって行われます。建物の解体工事、撤去作業から廃材の処理まで《解体工事》には様々な作業が含まれます。
ここでは、解体工事の詳細を見てみましょう。

解体工事の概要

解体工事は、建物や構造物の取り壊しや撤去を目的とした作業の総称です。
古くなった建物の取り壊しや改修、解体工事をした後の土地の再利用等のためのスペース確保、災害による被害復旧など、様々な理由で解体工事は行われます。
解体工事は、建物本体を解体して撤去し、更地の状態にする建物解体工事と建物はそのままの状態で内部構造を解体工事する内装解体工事があります。
まずは、解体工事を行なう予定の建物の大きさや状態、構造、周囲の環境などを現地で調査させていただき、施主様と撤去範囲などをよく確認させていただき解体工事の費用を含む《見積書》を作成、問題がなければ契約となり、解体工事の着工となります。

建物解体工事

建物解体工事の場合ですと、建物内部の不用品などの撤去、処分を行ない、内装を解体工事しながら分別、撤去していきます。
内装の解体工事が終われば躯体の解体工事をしながら発生した廃棄物の分別、処分を行ないます。
建物が建っていた下の基礎部分も解体工事、撤去して掘り起こした土を綺麗に整地します。

 解体工事の目的と必要性

解体工事の主な目的としては、安全性の確保と建物の機能性の向上です。長い年月を経て老朽化した建物や構造物は、安全上のリスクを抱えている場合があります。
解体工事によって、これらのリスクを除去し、周囲の安全や町の景観等を確保することができます。また、建物の改修や再利用のために解体工事が必要な場合もあります。

 解体工事のプロセス

解体工事は、計画、前準備、実施、廃材処理の段階に分かれます。計画段階では、解体工事の範囲や方法等が決定され、安全性や環境、周囲の建物や人への配慮が行われます。
前準備段階では、建物の周囲の安全確保や撤去する建材の除去が行われます。実施段階では、建物や構造物の撤去作業が行われ、適切な機械や道具が使用されます。
廃材処理段階では、解体工事された建材が適正にリサイクルや廃棄処分されます。

解体工事の方法

解体工事には、重機解体工事、手作業解体工事など様々な方法があります。建物の状態や周囲の環境に応じて適切な方法が選択されます。
重機解体は建材を重機を使用してに取り除く方法であり、手作業解体は建物の一部を手作業で取り壊す方法です。

解体工事のリスクと安全対策

解体工事には、落下物や粉塵、騒音、振動などのリスクが伴います。特に、古い建物や構造物の解体工事の場合では、建材や塗料などにアスベストが含まれているという可能性があります。
解体業者はこれらのリスクにきちんと対処するために、適切な安全対策を講じます。
例えば、作業員の安全装備の着用や周囲への警告看板の設置などが行われます。

 

まとめ

  • Facebook
  • Twitter
  • Line