新着情報NEWS

2022年9月15日更新 スタッフブログ

京都市の非居住住宅利活用促進税について③

解体 費用 業者 大阪 京都

京都市の非居住住宅利活用促進税について③【大阪の解体工事ブログ】

大阪にお住まいの皆様こんにちは!

大阪の解体工事『大阪クリーン解体』のブログ更新担当です!

大阪の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【京都市の非居住住宅利活用促進税について③】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

解体 費用 業者 大阪 京都

1:空き家を売ってしまう

空き家の活用方法が決まっていない場合には、売却することを検討しましょう。

空き家を今後活用する予定がないのであれば、思い切って売却することをオススメします。

買い手が見つかるのが目標なので、更地にしたほうがいいのか、解体した方がいいのか、自分が持っている土地の価値が良いかどうかを事前に調べ上げた上で検討したほうがいいでしょう。

よくわからない場合は、専門家である不動産に相談してみるのも手です。

ただし、不動産物件を売却した際、譲渡所得に税がかかり場合があるので、そこも専門家に確認しましょう。

2:賃貸にだす

まだ空き家の築年数が浅くて綺麗であり、使用可能な状態ならば、賃貸にだすというのも手でしょう。

特に一戸建ての賃貸は数事態が少ないので、物件の状態次第ではすぐに借り手が見つかることがあります。

 

また通常の賃貸のほかに、近年ではレンタルスペースや貸店舗、民泊等として活用する方法も考えられます。  

ほか、通常の賃貸以外でも最近ではレンタルスペースや貸店舗、リノベーションして民泊などとしても利用されています。

最近、古民家をリノベーションされたものが風情があるということで人気が出ています。また、そういう古民家の民泊は、ほかのホテルと比べて1軒屋なのに宿泊料も安いことが多く、大勢で借りれる点としてはよい方法です。

 

3:空き家を更地にする

家の老朽化が激しいため、活用するにも高額なリフォーム費用がかかってしまう場合には、空き家を解体後更地にして月極駐車場やコインパーキングとして活用する方法があります。

老朽化が激しくリフォームも費用が高額になった場合は、空き家を解体して更地にしたあと、月極駐車場やコインパーキング、貸倉庫などと活用する手もあります。

また、資材置き場や家の菜園場所として土地を他人に賃貸すれば、土地を手放さずレンタル料が手に入ります。

注意点は、家の解体費用がかかってしまい、土地の固定資産税が値上がってしまうことです。

まとめ

今回は、【京都市の非居住住宅利活用促進税について③】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、大阪クリーン解体にご相談ください。

大阪地域密着の住宅解体・解体工事専門店の大阪クリーン解体の会社案内はこちらから!!

  • Facebook
  • Twitter
  • Line