新着情報NEWS

2022年9月21日更新 スタッフブログ

神戸市の空き家税制優遇廃止について③

神戸市の空き家税制優遇廃止について③【大阪の解体工事ブログ】

大阪にお住まいの皆様こんにちは!

大阪の解体工事『大阪クリーン解体』のブログ更新担当です!

大阪の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【神戸市の空き家税制優遇廃止について③】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

解体 大阪 神戸

空き家税制優遇廃止にメリットはあるのか

空き家は、現時点では近隣に悪影響を及ぼしていないとしても長年放置しておくことで建物の老朽化が進行し、併せて所有者も高齢化していくために様々なリスクが年々高まっていきます。

空き家は現状何も影響がないとしても、ずっと放置していると何かしらの悪影響を及ぼします。そして、所有者事態も歳を重ねるため、様々な問題が生じてきます。

よって、所有している土地の中で特に利用予定のない建物に関しては、早いタイミングで今後のことを決めておくのが良いでしょう。

近隣住民からのトラブルからも防げますし、空いた土地に新しい住民が入るなど、円滑な地域社会の持続可能な社会を築いていけるのです。

よって、固定資産税の優遇措置を廃止し、問題を先送りにせず早期解決に導くといった導線に繋がります。

また、税制措置を廃止すると予算が浮くので、浮いた予算を別のところに回せるといった税の再配分にもなるのです。

解体は早めにやろう

解体工事費用は近年徐々に値上がりしており、値下がりするといった傾向は現状予想されない状況です。

特に痛手なのは廃棄物処分費用であり、これは海外に引き取り手があったものの、その国事態が引き取ることを禁じてしまったため、国内にその分が集中し、結果需要が圧迫しての高騰となり、費用は以前と比べると、なんと2倍差もあります。

また、建築現場で長らくの問題であった慢性的な人手不足が挙げられ、高い技術者を持つ人が減ってきているという背景もあります。

処理場でも、持ち込まれてくるゴミの分別がおろそかな結果、作業員が手作業で仕分けざるを得なくなっているということから、費用が値下がらないという点も挙げられます。

現状、この問題をすぐに解決できるような要素はなく、しばらく費用の高騰は続いていくでしょう。よって、これ以上高くなる前にお早めに解体しておくのが良いということです。

まとめ

今回は、【神戸市の空き家税制優遇廃止について③】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、大阪クリーン解体にご相談ください。

大阪地域密着の住宅解体・解体工事専門店の大阪クリーン解体の会社案内はこちらから!!

  • Facebook
  • Twitter
  • Line