新着情報NEWS

2024年7月11日更新 スタッフブログ

空き家を解体工事することのメリットとデメリットまとめ【大阪の解体工事ブログ】

大阪府吹田市にお住まいの皆様こんにちは!

大阪の解体工事『大阪クリーン解体』のブログ更新担当です!

大阪の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【空き家を解体工事することのメリットとデメリットまとめ】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

【大阪 解体工事】空き家を解体工事することのメリット
【大阪 解体工事】空き家維持に必要な費用を抑えられる
【大阪 解体工事】土地のみで売却すると買い手がつきやすい
【大阪 解体工事】新たに賃貸物件などを建て運用可能
【大阪 解体工事】土地を事業などに活用可能
【大阪 解体工事】空き家を解体工事することのデメリット
【大阪 解体工事】解体工事自体に解体工事の費用が必要
【大阪 解体工事】解体工事をしてしまうと固定資産税がかかる
【大阪 解体工事】古家で売却する方が価値が見込めるケースもある
【大阪 解体工事】更地だから売却金額があがるわけではない
【大阪 解体工事】まとめ

空き家を解体工事することのメリット

空き家となった建物の解体工事を行い更地にすることで、空き家の維持、管理するための時間や費用、売却をスムーズにすることができます。

また、空き家の解体工事に補助金を給付している自治体もあります。

ここでは、空き家の解体工事を行い更地にすることのメリッを紹介いたします。

空き家維持に必要な費用を抑えられる

誰も住んでいない空き家の管理を行うためには、維持費用が必要になります。

《特定空き家》にならないために、定期的な手入れをすることが求められます。

空き家の解体工事を行うことにより、維持費用などの費用がかからずに、《特定空き家》になる不安を解消できるでしょう。

土地のみで売却すると買い手がつきやすい

建物を解体工事して更地にすると、買い手視点を考えると駐車場や新築住宅など思い通りに利用することが可能です。

そのために空き家の解体工事を行い更地にすることで、買い手が見つかりやすいでしょう。

また、更地ですと、建物付きの土地よりも価格が高いケースもあります。理由としては、次の事業にすぐ着手できるからです。

買い手は個人だけではなく、注文住宅を建設し土地付き建物として販売する不動産会社などが買い手になる場合もあるでしょう。

新たに賃貸物件などを建て運用可能

ある程度、広さのある土地の場合ですと、空き家の解体工事してアパートなどの新築賃貸物件を建てることで新たな収入を得ることができます。

更地のままで所有するのではなく、賃貸住宅を建てることにより《小規模住宅用地の特例》や一般住宅用の軽減措置の適用ができるようになり、固定資産税を安くおさえることができるでしょう。

土地を事業などに活用可能

その他のメリットとしては空き家の解体工事を行うと、新しい事業に活用できるということもあります。

田舎の場合ですと、賃貸需要の見込みが難しい地域もあるので、太陽光発電システムや駐車場などとして土地を活用することも可能です。

空き家を解体工事することのデメリット

空き家の解体工事を行い更地にすることにはデメリットもあります。

デメリットとしては解体工事費用や固定資産税の税率の違いなどがあげられます

ここでは建物の解体工事をして更地にすることのデメリットを紹介いたします。

解体工事自体に解体工事の費用が必要

建物の解体工事を行い土地を更地にするためには、解体工事の費用などが必要になります。

空き家は解体工事を専門とする解体業者に解体工事を依頼する必要があるでしょう。

解体工事の費用は、建物の種類、大きさ、重機で解体工事が可能かどうか、などにより坪単価が異なります。

一般的な木造住宅のケースですと、1坪当たりが3〜5万円程で、建坪が30坪の場合ですと90〜150万円程の解体工事の費用になります。

それ以外に解体工事の費用が必要になるケースもあるので、見積りの際に確かめましょう。

解体工事をしてしまうと固定資産税がかかる

建物を解体工事して更地にすることにより、従来の《建物がある土地》と比較して固定資産税が高くなるというのが税法上ルールです。

日本では、マイホームの所有をしている人への負担を軽減するために、持ち家が建っている土地の固定資産税を安くするような仕組みになっています。
そのために建物を解体工事して、更地にすることで固定資産材の軽減措置適用の対象外となってしまい、土地の固定資産税が高くなるでしょう。

古家で売却する方が価値が見込めるケースもある

近年、リノベーション技術が進歩しています。

そのために古家付き土地での売却も、価値が見込めるのに解体費用をかけて解体工事を行い更地にして、結果、多くの時間や費用をかけてしまうケースもみられます。

古い住宅を購入して、セルフリフォームをする人も増えてきているので、古家だから解体工事すると決めつけてしまわないようにしましょう。

建物の解体工事の依頼をする前に、複数の不動産会社へ無料の査定を依頼して、建物付きの状態でも売却可能かどうかを確かめてみるのも有効的な方法でしょう。

更地だから売却金額があがるわけではない

その土地の条件により、法律上、同様の土地であっても建てられる家の広さなどが違うケースがあります。この代表的な例が《接道義務》でしょう。

日本では、土地に家を建てる時に消防車や救急車などの緊急車両が通れるように《幅4メートル以上の道路》に接することが義務化されています。

この接道義務を満たせていない場合ですと、新築住宅の建設許可を得ることができず、思うような建て替えをすることができません。

このルールができる前に建てられていた古家を取り壊した場合では、土地としての活用の度合いが低いので、売却金額があがることは期待できないでしょう。

なぜならこれまでよりも狭い建物しか建てることができないからです。

このような場合ですと、現在ある古家をリフォームする方法が適切だと判断されるケースもあるので、一度、土地における法律などをチェックしておきましょう。

まとめ

  • Facebook
  • Twitter
  • Line